歯周病で死ぬ!?歯周病(歯槽膿漏)と細菌の恐ろしい関係とは

歯周病で死ぬ!?歯周病(歯槽膿漏)と細菌の恐ろしい関係とは

歯周病(歯槽膿漏)と死の関係

歯周病(歯槽膿漏)は進行すれば歯を失ってしまうし、下手をすれば死に至る病です。
なぜそのようなことになってしまうのかというと、
歯周病(歯槽膿漏)の原因である細菌との関係を知れば理解できます。

 

●歯周病(歯槽膿漏)と細菌の関係

 

口の中には、数え切れないほどの細菌が生息しています。
その中で歯周病(歯槽膿漏)を引き起こす細菌は歯垢(プラーク)と呼ばれる歯と歯茎の隙間にこびりついている白い塊として集まっています。
普通ならば、細菌は唾液によって洗い流されるので、それほど繁殖することはありません。
しかしストレスや病気、加齢などによってなってしまう口の渇き(ドライマウス)だと、唾液によって洗い流されることがなくなり、細菌がどんどんと繁殖してしまいます。

 

さらに、増殖していくと唾液に含まれてるカルシウムなどのミネラル分と結合して歯垢(プラーク)は歯石と呼ばれるとても硬い塊になります。
そうなれば、うがいや歯磨きなどをしても取り除くことは難しくなります。

 

このように増殖していく細菌はどのような活動をしているのかというと、
食べ残しなどを餌にして変わり歯茎に炎症を引き起こす毒素を放出します。
この状態でまだ歯肉炎といって歯茎に触れて腫れてていることを感じられたり、歯磨きで出血をする程度です。

 

そこからさらに進行していくと炎症がひどくなり軽度歯周炎となります。
歯と歯茎の隙間である歯周ポケットが深くなっていきます。
また顎の骨が徐々に溶け題しているのですが、痛みはまだ出ません。

 

やがて中度、重度となっていくと炎症がひどくなるし、顎の骨が溶けていき歯が不安定な状態になっていきます。
最終的には歯は支えを失い抜けて落ちていきます。
歯を失えれば食事も会話も出来なくなりますし、激しい痛みに苦しむことになります。

 

さて、最初に歯周病(歯槽膿漏)で亡くなることもあるとお伝えしたのは、
繁殖した細菌が唾液と一緒に肺や心臓に入り込み肺炎や心筋梗塞を引き起こすことがあるからです。
たかが歯周病(歯槽膿漏)と侮っていると、恐ろしい細菌によって酷い目に遭うかもしれないのです。
歯周病(歯槽膿漏)を防ぐためにも、歯磨きや歯科医院でのケアを心がけていく事が必要です。

 

歯科医院に行く時間のない方にオススメなのは、
歯周病(歯槽膿漏)予防専用のマウスウオッシュです。